ホップ種の塩パンと塩パンサンド

愛媛のパン屋さんから始まった塩パンブーム

今でも人気があるパンで、どこのパン屋さんに行っても塩パンがあり、お店の一番目立つ場所に並んでいますね。

そんな塩パンをyumiさんから教えて頂き、昨年の12月にサロン・ド・スリールでもレッスンさせて頂きました。

6名ご参加のレッスンで賑やかでした。発酵進み、一時はどうなることかと思いましたが無事6名様分焼き上がりました。

いろんな作り方がありますが、空洞があるのが塩パンの特徴かもしれません。

こちらは、25日(木)のレッスンに向けて最終試作で焼いた塩パンです。

かわいい空洞もできました。きっと大きな空洞を作るには生地をぐんと伸ばしてバターを巻き込むといいのかもしれません。

ホップの酵母も元気なのか私の塩パンはぷっくり、でぶっちょな塩パンです。

次の日の朝は塩パンサンドで朝食。ほうれん草のソテーと炒り卵を挟みました。

miwako

 

 

 

2018年01月26日 | Posted in パン | | Comments Closed 

関連記事